Free At Last

趣味は旅行と映画と生オケ鑑賞のおじさんです

音楽

Genesisのラストツアー

Genesisのラストツアーが9月から、英国で始まり、すでにいくつかのライブシーンがYouTubeにアップされてます。 このツアー、春からチケット争奪戦になっておりまして、ロンドン公演は相当早い時期からからソールドアウトでした。この時期、日本から英国に果…

N響 名曲コンサート@サントリーホール 9/6

N響の21-22シーズンのオープニングコンサートに行ってきました。パーヴォ・ヤルヴィとN響を聴くのが2年ぶりくらいで、本当にパーヴォ兄貴が2週間の隔離期間を我慢してまで来日してくれるのかな?と半信半疑でしたが、実際にちゃんと来て、指揮振りました。 …

今年もピティナ特級ファイナルに行きました

去年に続いて今年も、ピティナ特級ファイナル@サントリーホールに行ってきました。去年は、ファイナリスト4名中3人が、ラフマニノフの3番を選択というラフ3祭でしたが、今年は古典派から後期ロマン派まで幅広いラインナップでした。ただ、こうなると、審査…

東京交響楽団@サントリーホール定期 7/17

今回は選曲の勝利だと思います。文句なしに素晴らしい演奏会でした。都合がつけば、明日の川崎も行きたかったくらいです。 前半は、Rシュトラウスの交響詩ドンキホーテ。チェロとヴィオラのソロが、それぞれオケの首席奏者なので、ソロバイオリン(コンマス)…

東京交響楽団@サントリーホール 6/26定期公演

メストレという超絶男前、かつ天才のフランス男性ハープ奏者が来日して、ハープ協奏曲やるので非常に楽しみにしていましたが、コロナの影響であえなく来日キャンセル。また、指揮者も、フランス人のビリーが来れなくなって、どうするのかなと思ってましたが…

東京交響楽団@オペラシティ 6/12定期公演

土曜日のマチネで、井上道義ミッキー指揮のオールプロコフィエフプログラムに行ってきました。正確には、松田華音さんのピアノ目的でしたが。 彼女は、日本での義務教育も終わっていない小学生の時から、ロシアの名門音楽学校に特待生入学して、8歳でオーケ…

東京交響楽団@ミューザ川崎 特別公演 5/27

平日のPM6:30開演、しかも東京は大雨、というなかなか厳しい条件でしたが、はるばる川崎までいってきました。 前半はベルクの「室内協奏曲」。私は、ベルクというと「抒情組曲」のイメージが強く、こちらの方は初聴だったのですが、「抒情」とは大分イメージ…

東京交響楽団@オペラシティ 特別公演 5/22

今回は、去年の年末のように、SNS上での事前の顔出しが一切なかったので、「本当に来てるのジョナサンノット?」と半信半疑でしたが、まあ、ちゃんと出てきました。 前半は、Jアダムズとドビュッシーという近現代モノ。Jアダムズの「チェアマンダンス」は、…

N響@東京芸術劇場 5/21定期

金曜日夜の公演。小雨が降り、ちょっと肌寒い日で物寂しい感じで、ピアソラ聴くにはうってつけの日でした。 この公演は、プログラミングセレクションの勝利ですね。恐らく、原田氏の選曲だと思いますが、ラテンアメリカ、特にアルゼンチンにフォーカスした選…

東京交響楽団@オペラシティ5/16公演

指揮者、ピアニストが、それぞれ大植英次氏(指揮者jと北村朋幹氏(ピアノ)に変更。でもセトリはそのままでした。ただ、指揮者には、それぞれ得意・不得意レパートリーがあるので、今回のような場合は、セトリ変えてもいいんじゃないかなと思います。特に前半…

非常事態宣言下ですが生オケ三昧です

非常事態宣言が延長されて、TVのニュースも連日ヒステリックに感染状況を伝えていますが、私的には5月は生オケ三昧です。 まずは、自身がコロナに感染して、前半の2つの公演が吹っ飛んだジョナサンノットですが、回復して来日可能となり、現時点で既に入国済…

ジョナサンノットの5月公演が2つ吹っ飛んだ

一つ前の記事で、「東響の5月公演は、ジョナサンノットが気合入れて来日して4回タクト振るので楽しみ」と書きましたが、Covid-19の状況悪化で、そのうち2つが吹っ飛びました。一つは公演そのものが中止、もう一つは指揮者、ピアニストの交代です。 残念です…

原田慶太楼氏の東京交響楽団の正指揮者就任コンサートに行ってきました

東京はCovid-19が深刻化してきてるし、夕方から雨で寒いので、行くのはちょっと躊躇しましたが、結局チケット代がもったいなくて、東京交響楽団(東響)の定期公演@サントリーに行ってきました。 2021年4月から、原田慶太楼氏が正指揮者に就任ということで、…

1/28 N響定期@サントリーホール

雪も降って寒いし、コロナが深刻なのでキャンセルしようかなとも思いましたが、ブラ1の魅力に負けて結局行ってきました。 緊急事態宣言下、50%以下の収容人数のため、密にならずに両脇空いてて楽チンでした。 今回の指揮者は、BCJの鈴木ジュニア。昨年の鈴木…

東響のニューイヤーコンサートに行ってきました

COVID-19の緊急事態宣言が発令されましたが、1/10にサントリーホールで東響のニューイヤーコンサートが開催されたので行ってきました。緊急事態下では、イベントは収容人数の50%上限のはずなので、キャンセルか座席取り直しになるので、面倒だなと思っていま…

革新的な第九を2公演ほど聴いてきました

私は、年末恒例のベートーベンの正統派第九はあんまり興味がないのですが、今年はなかなか興味深い公演が2つあったので、日曜日、月曜日と連チャンで聴いてきました。どちらも予想通りのぶっ飛んだ第九で、非常に満足でした。 日曜日は、バッハコレギウムジ…

バッハコレギウムジャパンのメサイアが素晴らしかった

本日、クリスマスイブに、ボッチで、サントリーホールにメサイアを聴きに行ってきました。私はクリスチャンではありませんが、今日の「メサイア」には素直に感動しました。人間の声のチカラは凄いなあと改めて思いました。合唱とソリストがとにかく素晴らし…

今年最後の東響定期@サントリーホールに行ってきました

12/4土曜日、今年最後の東響定期演奏会に行ってきました。ゲスト指揮者が鈴木雅明先生、ピアノが児玉桃さんという組み合わせで、前半がモーツアルトのピアコン21番、メインがシューベルトのグレイトでした。 予定していた海外ゲストが招聘出来ずに、代打で…

宮本浩次のロマンスがよい

売れてます。オリコンのWeekly Chartで初の一位だそうです。 全曲女性歌手のカバーでキー変えずに歌ってます。改めて言うまでもないですが、歌上手いです。化け物です。 選曲の趣味がまたよい。時代を経過しても色褪せないエバーグリーンな曲が並んでいます…

東響 ジョナサンノットまさかの来日

少し前の投稿で、「ジョナサンノット来日できるかどうか分からないのに、ノット価格で第九のチケット売ってるけど大丈夫かな東響?」と書きましたが、ノットとソプラノのジャクリーンワーグナーが、来日後2週間の隔離を条件に、ビザ発給されるそうです。つま…

東京交響楽団のサントリー定期公演

本日日曜日、マチネ(昼公演)で、東京交響楽団(以下、東響)のサントリーホールの定期公演に行ってきました。この公演は、色々紆余曲折がありました。当初の予定では、常任指揮者のジョナサンノットがやっと来日出来る見込みだったのですが、公演の2週間前に、…

筒美京平先生のご冥福をお祈りします

本日の午後、筒美京平先生が亡くなるというニュースがテレビ局を流れました。ご冥福をお祈りします。 官房長官が定例会見で言及するくらいの偉大な作曲家でした。今日は、追悼を込めてずっと筒美先生の曲をかけていました。 今は、松本隆先生のメンタルが心…

湿度が高くて身体が辛い

現在、台風が近づいているので、気温はそんなに高くないですが、湿度が99%と不快感マックスです。 私は、湿が高くなると、とにかく身体が不調になるので、今日は、終日エアコンをドライ設定にして、家でYou tubeを見ていました。 エアコンは、冷房よりもドラ…

ピティナコンペでラフマの3番を1日3回聴いてきました

ピティナコンペティションという国内で一番大きいピアノコンクールの最上位カテゴリーの特級ファイナルが、サントリーホールで開催されたので、行ってきました。 ファイナルは、指定されたピアノコンチェルトから演者が1つ選択する方式ですが、今年はファイ…

やっぱり生オケはいいな

本日、コロナ自粛明けで久しぶりに生オーケストラをサントリーホールで堪能してきました。 会場ほぼ満員 平日夜の公演でしたが、ほぼ満席でした。コロナ対策のため、席をひとつづつ開けて座るようになっていたので、定員1400のサントリーホールの半分の700し…

今年中に第九を生オケで見られるのかなあ

今日、Eテレのクラシック音楽館で、3.11の復興支援コンサートの再放送やってました。メータが振った伝説の第九です。 メータとN響とオペラシンガーズ(合唱団)とソリスト(アルトが藤村さん❣️)の渾身の想いが伝わってくる非常に感動的なコンサートだったのです…

東京交響楽団は6/26サントリー定期演奏会から再開🤞

自粛解除されても、東京のオケは、6月公演は軒並みキャンセルになっていますが、東京交響楽団(東響)が、6/26のサントリー定期公演から再開することが決定しました。メデタイ。 私は東響の会員で、定期公演を年間でいくつか押さえているのですが、4月はキャン…

これから在京オケはどうなるのだろう?

コロナ空けで、ニューノーマルが声高に叫ばれています。その中の指針では、学校の音楽の授業で合唱やリコーダ演奏はしばらく中止しましょう、となっています。息を深く吸って吐き出すことで、飛沫リスクがあるということでしょう。 オーケストラとオペラの公…

新国立美術館のウイーン・モダン展に行ってきましたが

予想通り、残念な企画展でした。正直、時間とお金の無駄だったかと。 サブタイトルに、「クリムト、シーレ」と記載されているので、この2人の作品がメインのように見えますが、これは明らかにミスリードさせるマーケティングです。 提携がウイーンミュージア…

東京交響楽団672回定期演奏会@サントリーホール

7/20に、東響の定期コンサートに行ってきました。目玉は、リゲティのレクイエム。 指揮はジョナサンノットです。この人レパートリーが物凄く広いですが、得意なのは近現代です。特に、リゲティに関しては、リゲティ本人からお墨付きをもらっており、ある意味…