Free At Last

趣味は旅行と映画と生オケ鑑賞のおじさんです

競馬

今週で競馬は辞めます

日曜日雨の大阪杯。雨降って、馬場が重の時点で、藤沢厩舎はダメなのが分かっていたので、グランアレグリアは素直に消し。コントレイルも雨は厳しいと思ったので、馬券買わずに見学で正解でした。レイパパレとか地雷臭強すぎて買えるかよ。 ところで、私は25…

ルメールが不調

春のG1が始まりましたが、ルメールが絶不調で来週の大阪杯が心配です。3月中山開催になってから、メインで勝てていません。まあ、これは騎乗ミスというよりも、馬が弱いだけなのですが、ちょっと運にも見放されており、嫌な感じです。 今日の高松宮記念は、…

平成の名厩舎と名ジョッキーが今週末で引退です

今週末で、松国厩舎と角井厩舎と石坂厩舎が解散、騎手ではエビショーが引退です。確実に一つの時代が終わるという感じです。 来年、藤沢先生が定年となり、厩舎解散となったら、あんまり思い入れのある厩舎がないので、もう競馬はやらなくなるかもしれません…

三浦皇成は立ち直って欲しい

12/26のG1ホープフルステークスで、2番人気のランドオブリバティが、4コーナー廻りきれず逸走、競走中止となってしまいました。 騎乗していた三浦皇成は落馬で軽症、幸い馬は異常なしでしたが、それにしても三浦騎手のモッテなさにはため息が出ます。 三浦騎…

やっぱり香港に行きたいな

昨日の午後は、グリーンチャネルで香港カップを観てました。香港は、政治的に色々あって微妙ですけど、やっぱり香港カップは現地に行きたいなと改めて思いました。寒い日本と比べて、気候が凄くよいですし、1日4つのG1があるのは華やかです。 ここ2年ほどず…

シンボリクリスエス死亡に伴いロベルト系考察

シンボリクリスエスが、12/8に死亡しました。蹄葉炎悪化で安楽死とのこと。残念です。これだけ医療が発達しても蹄葉炎は克服できないのですね。 私は、2回の有馬記念を共に現地で観ました。1回目は中山の短い直線でペリエ間に合うのかハラハラしましたし、2…

ジャパンカップで今年の競馬も終わりかな

ジャパンカップが、アーモンドアイ(アモイ)圧勝で、引退に花を添える形となりました。高速馬場でない東京競馬場で、完全な力勝ちでしたから、本当に強いんだなと改めて思いました。それと同時に今年の競馬が終わってしまった感じです。例年ならば、ここから…

例年ならばグランアレグリアが年度代表馬でしょう

強かったです。マイルCSのグランアレグリア。直線、他馬が寄ってたかって蓋しちゃうという嫌な展開でしたが、外に持ち出してからは並ぶ間もなく差し切り勝ち。こういう結果になると、蓋した2、3着馬の陣営は苦笑いしかないでしょう。ここまでチームプレイで…

相場が変なことになっている。しかもアモイがまさかのJC参戦

先週の金曜日に、特定口座の損出しをしたのですが、今週に入っても、相場の昇龍状態が続いています。私は、月曜日の朝一に、金曜日に売った株のほとんどを同じレベルで買い戻せたのですが、オリックスと三菱商事だけは急上昇に間に合わずに買えず、今は指を…

今年の年度代表馬はどうなるんだろう

アーモンドアイが、あっさりと、天皇賞秋を連覇して、史上初の芝G18勝馬の誕生です。勝ち方が微妙、という声もありますが、前で勝負して、なおかつ上がりが33秒台ですから、最後詰め寄られたとはいえ、強い競馬です。2、3着馬が、後ろから32秒台で差してきま…

スプリンターズSのグランアレグリアの直線一気

強かったですねグランアレグリア。安田記念の時に、牝馬版タイキシャトルと称しましたが、末脚は完全に親父のディープインパクト譲りです。 ちなみに、私は日本の競馬場で、中山が一番好きです。その理由は、日本のメジャー競馬場のなかで一番直線が短いにも…

宝塚記念で思ったこと

私の宝塚は直線に入る前で終わりました 宝塚記念は、重馬場の適正がモロに出て、パゴ産駒のクロノジェネシスが圧勝しました。 私は、「宝塚は、4歳馬より5歳馬が強い、かつ有馬と関連が深い」というデータの元、ブラストワンピース頭で入りましたが、直線に…

自分の馬券下手に腹がたった安田記念

安田記念はアーモンドアイ馬単で撃沈 安田記念ですが、アーモンドアイがルドルフ7冠の呪いから逃げられずに2着。やはり、芝G1を8勝というのは、相当ハードルが高いのでしょうね。今後も厳しいんじゃないでしょうか。まるで、テイエムオペラオーの5歳時を見て…

今年のダービー

前売りで1.5倍オッズのコントレイルが圧勝でした。今年は、前哨戦までに個々の実力差がはっきりしてしまって、コントレイルはまあ負けないだろうと思っていました。他に馬券的に妙味のある馬もおらず、コントレイルの単勝勝ってもおもしろくないので、今年は…

今年のオークス

デアリングダクト完勝 今年のオークスは、デアリングダクトが、テイエムオペラオーの有馬記念や、ウオッカ2回目の安田記念のような痺れる勝ち方でした。 直線、馬群み包まれる絶体絶命の状況を強引にこじ開けて、残り200m鬼脚を使って差し切り勝ちです。 こ…

アーモンドアイ VMで圧勝

VMは アーモンドアイ(アモイ)の圧勝でした。一頭だけ公開調教でした。昨日書いていた内容が恥ずかしいです。 涼しい顔して、馬なりでラスト3ハロン32秒台出してました。マイルのペースも全く問題なし。先行抜け出しで、上がり最速だから、まあお手上げです。…

VMのアーモンドアイは結構危ないのでは?

NHKマイルカップはアチャー 先週のNHKマイルカップで、期待のサトノインプレッソは、直線、大外寄れまくりでダメだこりゃ状態。真っ直ぐ走れないんじゃ勝負にならないし、そもそもあの位置取りではどっちにしろ届かないでしょう。初東京と初左回りが応えたよ…

久しぶりに社台ファームがG1を勝てるかもしれない

先週の天皇賞春では、スティッフェリオがまさかの大駆けで、社台ファーム久しぶにG1奪取かと興奮しましたが、ゴールではきっちりノーザン馬に差されてしまいました。 凱旋門を48馬身差で大敗して、巷ではフィエールマン48と揶揄されていますが、京都の高速馬…

やっぱりルメールでないとダメだな

史上初の無観客のG1となった高松宮杯ですが、馬場=重の時点で、タワロンはないだろうと思っていました。一方グランアレグリアは、重は初めてだけど、母方が米国のパワースピード血統なので、こなせるのではと思っていました。 それで結果ですが、タワロンは…

タワロンの今年の初戦

タワロンの今年初戦のオーシャンステークスが、まあ絵に描いたような「たたき台」というレースでした。勝負所でもたつくわ、ゴール前息切れして、4着馬に刺されそうになるわのダルダルでしたが、それでも3着死守して馬券対象にはなったのは立派です。私は、…

しばらく日本に引き篭もりの予定

AJCCは、今、中山の芝が適度に荒れており、ブラストワンピースにぴったりの馬場で、休み明けでも貫禄の差し切り勝ちでした。それにしても、ブラストはもう馬じゃなくて牛で、胸前が凄いことになってる。この後どうするんだろう。東京、京都のスピード競馬は…

2020年のJRAのスケジュール

一つ前の投稿記事で、「有馬記念が年の最後でないと締まらない」と書いたのですが、来年のJRAのスケジュールがそのように変更されていました。最終週の土曜日のメーンがホープフル、日曜日が有馬で大団円となります。中山で2日連続G1開催で、ちょっとした中…

今年の有馬はちょっと開催時期が微妙

今年の有馬は、アーモンドアイが惨敗しましたが、狙っていたサートルナーリアが痛恨の2着。 リスグラシューがちょっと別格で強すぎましたね。単勝馬券はクズとなりましたが、保険の馬連でなんとか赤字は免れました。 それにしても、中山の2500mは、やはり経…

Bangkokから帰ってきたら寒くて死にそう

Bangkokから戻ってきました。成田に朝の7:30についたのですが、気温8°で死にそうになりました。 温暖化と言われてますが、最近冬が寒く感じるのは、私が歳をとったせいでしょうか。 昔は、寒い日曜日の天気のよい朝は、ちょっと気分があがって、暖かい格好を…

バレエの伝統芸の素晴らしさについて考える

アーモンドアイの次走がなかなか発表されないので、イライラしていましたが、ようやく今日発表されました。やはり香港カップでした。 しかし、先週からずっとしびれを切らして待っていた私は、昨日の晩にとうとうあきらめて、12月のバンコクのエアチケットを…

アーモンドアイの次走が決まらないと旅行先が決まらない

アーモンドアイの天皇賞圧勝は、アモイの強さもさることながら、ルメールのG1でのうまさにしびれました。ちょっと神がかっている。 日本の騎手では、あの直線の最内は、蓋されたら終わりなので、怖くて衝けないでしょう。 先行騎手が、戸崎というフェアな騎…

ノーザンはこの後どうすんだろう

凱旋門賞、ノーザンの二頭はボロ負けでしたね。雨で馬場が重になった時点でアウトだと思いましたが、仲良く大差のビリとブービー。しかも、ビリのフィエールマンに至っては、優勝馬から48馬身差という、想像のはるか斜め上を行く豪快な負け方でした。最後歩…

タワーオブロンドンはG1勝ちましたが香港G1はあるのかな

タワーオブロンドンが、期待通りスプリンターズSを完勝しました。愛着のある馬で、今回単勝でがっつり稼がせてもらい、とてもうれしいのですが、次走はまだ発表されていません。 当然、年末の香港G1だと思っているのですが、レース後オーナーのダーレージャ…

祝 タワーオブロンドン セントウルS圧勝

私が、現在、単勝馬券を買い続けている唯一の馬、タワーオブロンドンが、G2のセントウルSを圧勝しました。1200mの短距離戦で3馬身という決定的な着差で、かつコースレコードという圧倒的な勝利。ムチも使いませんでした。 北海道の2戦が、どちらも消化不良だ…

香港競馬はもうダメかもしれない

香港のデモが酷いことになっていて、昨日は空港が閉鎖されてしまい、出国できない人達がでているそうです。 知り合いが、丁度今、香港に遊びに行っており心配です。帰国は、明日の予定なので大丈夫だと言ってましたが、キャセイパシフィック(CA)便なので、明…