Free At Last

趣味は旅行と映画と生オケ鑑賞のおじさんです

レンドルミンの断薬に成功

就寝前に飲むレンドルミンの量を、1/4まで減らして、3週間が経過しました。

それで2日ほど前に断薬しました。2日とも、ぐっすりという訳ではないですが、不眠にはならずに済んだので、断薬成功と捉えてよいでしょう。

いやあ、レンドルミンを断ち切るのには、随分と時間がかかりました。最初に、内科で睡眠誘導剤として処方されてから約1年経過しています。途中で内科に匙を投げられて、メンタルクリニックに通い出すも、症状は悪化の一途で、遂には鬱まで発症してしまいました。しかし、3月あたりから、気温の上昇とともに、徐々に良化してきて、ここまできました。

まだ、リフレックスサインバルタは飲んでいるので、次はリフレックスの断薬にチャレンジです。1ヶ月くらいかけて、徐々にやっていきます。

しかし、メンクリの先生は、断薬に対して相変わらずネガティブで、「今は安定しているからいいけど、また何かあった時に大変だから、リフレックスサインバルタは、そんなに急いで断薬しない方がいいよ」と言っています。もっともだとは思うのですが、もう薬が嫌なんですよ。この気持ちって、なかなか理解してもらえないようで、日本で、効精神薬の離脱症状を支援できるクリニックがほとんどないのも問題を深刻化していると思います。要は、違法薬物(コカインとか)よりも強力で、依存性も強い薬が、メンクリで普通に処方されて、あっという間に薬物中毒患者になってしまうということ。ちょっと怖いです。